東京ピンクの山本医療大麻裁判 レポート

東京です。

時は縄文時代、福井県の鳥浜遺跡で10000年前の遺跡から大麻の種が発見されている。

人類は遥か昔から大麻を栽培して活用してきた。

現在2016年、戦後70年、人類の歴史で大麻が禁止されたのは1世紀にも満たない。

なんと稀な時代に生きていることか。

今、世界中で再び大麻は注目され始めた。

大麻解放。

我々は あるいは貴重なタイミングを迎えているのかもしれない。

そして何者かに大麻を禁止されても、その解放の叫びはこれまで途絶えたことがない。

日本の大麻史で、日本で初めての医療大麻裁判が行われた。

山本正光 享年58 末期ガン患者 医療大麻裁判被告人

彼は末期ガンを治す最後の手段として、自宅で大麻を栽培し職務質問で逮捕され、この法廷で証言をした。

医療大麻を解放セヨ

彼は第一審の判決を迎える約2ヶ月前に力尽きた。

一人の人間が生きたいという本能を強く望んだ時、その世界は最後の方法を拒否していた。

彼は手段を選ばない犯罪者なのか。

大麻とは。

日本の大麻史に大きく足跡を残したこの裁判。

大麻解放の戦いに臨んだ末期がん患者 山本正光の記録

命の証言をレポート!!

全6回 記事:Tokyo Pink

 ➡ 日本で初の医療大麻裁判の開廷!! 

 

Tokyo Pink

レベル41 意識の革命家/ 麻なび代表

関連記事

  1. 「自然布 日本の美しい布」の出版記念を訪ねて

  2. 世界的権威に聞いた、医療大麻2017最新基準

  3. 麻の祭典 6.29 sat WEED THE PEOPLE上映会

  4. 新宿を大麻特区へ 21日, は選挙です

  5. ラッパーUZIの大麻所持報道から見える論点のズレ

  6. 米オレゴン ヘンプとカンナビス農家で援農をしませんか?

  7. 大麻解禁をビジネスチャンスとしか、捉えていない方々はいませんか?

  8. 東京ピンク✖弁護士 丸井英弘 スペシャル大麻対談

  9. 巴馬の火麻〜麻の実は究極のアンチエイジング食品!

おすすめ記事

  1. 麻なび特集!高校で議論された大麻問題のレポート
PAGE TOP
Top