大麻から作られる製品

大麻から作られる主な製品と特徴

紙:繊維を使う
木材の再生期間は20年〜50年/大麻が育つ期間は3ヶ月
紙の原料になるパルプを作るには大量の化学薬品を必要とし、河川の水質を汚染するが、大麻は化学薬品を使わず栽培可能。
ヨーロッパ全土の約12%の土地に大麻を栽培すると、全世界の紙がまかなえ、森林を伐採する必要がなくなるとの説もある。

13686617

 

建材:茎、繊維を使う

ヘンプボード、繊維で作る断熱材、合掌造りの屋根、漆喰の素材になる。
天然素材の建材は壁が呼吸、温湿度を調整、耐火性が高い、防虫効果など。
化学物質を使った近代ハウスで問題になっている、シックハウスや人体に有害な環境ホルモンを出さない。

hemphouse

出典:http://www.gizmag.com/first-us-hemp-house/17115/

 

ヘンププラスチック、バイオ燃料:茎、種、樹脂を使う

全てのプラスチック製品、車のボディ、燃料になる。
石油由来のプラスチックは、燃やすと二酸化炭素を排出。ヘンププラスチックはプラマイゼロで土に還すことが可能。
メルセデスベンツや高級車が車のボディ、内装材として使用。従来の車と比較して重量は3分の1、強度は10倍ある。
種子や茎から絞った油は、燃料にもなる。

13879241

出典:http://www.diariomotor.com/2008/07/09/lotus-eco-elise-el-gladiador-de-los-circuitos-ahora-se-vuelve-ecologico/

 

美容健康食品:種(オイル)、パウダー(炭)、麻の実(ナッツ) 、繊維を使う

美容品(スキンケアオイル、石鹸、シャンプー、ボディタオル)
健康食品(オイル、プロテイン、ナッツ)

ヘンプオイルには、体内では作れない必須脂肪酸、必須アミノ酸、食物繊維、ミネラルが豊富に含まれる。
美容では、浸透力、保湿力に優れるスキンケアオイルとして人気が高い。
また、植物由来のお風呂用品にもなっている。

食品としては、たんぱく質も豊富で、トランス脂肪酸、コレステロールがゼロのスーパーフードとして注目されている。

food2

food1

 

衣料品、靴、寝具:繊維を使う

素材の特徴として、水分を素早く吸い、速乾性に優れ、熱の電導性が高い。
保湿性も高いため、一年を通して使うことが可能。
抗菌性に優れ、雑菌の繁殖を防ぎ消臭効果も抜群。
その他の素材と比べても強靭で、長期間使用できる。

13876635

 

治療薬:穂(花弁)を使う(カンナビノイド成分)

疾患によって、カンナビノイド成分の割合が違う大麻を利用する。
250以上の疾患に有効。
詳しくは“医療大麻とはに記載

産業用大麻の可能性に続く ➡

最新記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ