嗜好大麻とは

しこうたいま【嗜好大麻】 マリファナ【Marijuana】 ガンジャ【Ganja】 ウィード【Weed】 メリージェーン【Merry Jane

13892029_1066368896778633_6175407950999278635_n

嗜好大麻とは、主に乾燥させた雌株の花穂(バッズ)に含まれるTHC成分を摂取して、その香りや酔いを楽しむマリファナ(大麻)の事である。

注)大麻の酔いを楽しむとは
医療大麻的表現でいう所の「精神活性作用」が働いている状態。
一般的には、酔い(精神変容状態)を悪い事だとして禁止している事が多い。
その作用に個人差はあるが、ほとんどの場合、ポジティブ(楽しい気分)な働きをする事が多い。その証拠として、アメリカで合法化された地域では犯罪が減った。また海外の臨床試験でも、大麻の精神変容作用が人をバイオレンス(暴力的)にする兆候は見出されていない。
医療としての効果と共に、嗜好としての酔いは精神的に、ポテンシャルを広げポジティブに働く事が多く、海外では数多くの著名人や政治家が、大麻のその作用を肯定的に捉え発言している。

ladygaga

画像元:大麻堂

ハロウィンパーティーで大麻の女王に仮装するレディガガ

マリファナは主にインディカ種、サティバ種の二種類が嗜まれてきた。
現代ではこの二種を交配させたハイブリット種も誕生している。

sativa-indica-chart2

https://420greentimes.wordpress.com/tag/sativa/

マリファナのTHC成分は雌株に多く含まれるため、しばしば女性として表現されることもある。

マリファナは育つ環境によって個性が違う。
例えれば、野外(アウトドア)で太陽の光を浴び、土のエネルギーを吸収して育てられた天然娘と、室内(インドア)の水耕栽培などで育ち、人の愛情と栄養を一心に受けた箱入り娘と言った所だろうか。

品質の良い種(家系)はブランド品として人気が高い。
それぞれの香り、味わい、酔い方には違いがあり、人によって好みが分かれるようだ。

嗜好大麻は、世界中で多くの人々が楽しむ珈琲の世界に似ている!?

珈琲の有名ブランド
キリマンジェロ、ブルーマウンテン、ハワイアンコナ、グアテマラコーヒー、モカコーヒー、コロンビア、マンデリンなど

coffe

育つ土地、環境、栽培の仕方、精製方法で珈琲の種類、味、香りが違うように、マリファナも世界中にいろいろな個性と特徴を持った品種が存在する。

マリファナの有名ブランド
ブルーベリー、ノーザンライツ、スカンク、ジャックヘラー、シヴァ、ホワイトウィドウ、ハワイマウイワウイなど

オランダのアムステルダムでは、毎年カンナビスカップ(大麻のお祭り)が行われている。世界中から集まった審査員や一般の参加者が、嗜好大麻に関連して出品されたマリファナや喫煙具を審査して表彰する祭典である。
現在では、アメリカの合法化された州でもカンナビスカップが行われている。

ブルーベリー
Cannabis Cup in 2000のベストインディカ賞
ブルーベリーの香り、甘みがあるリラックス系の一品
鎮痛、ストレス軽減、不眠などに効果があるとされる

13892172_1066369126778610_8764562763741165312_n

画像元:大麻図鑑~世界のカナビスを吞む~
http://illweed.seesaa.net/category/23901644-1.html

 

お酒と大麻の酔いを比較!

摂取後の変化(個人差があります)

摂取方法

m_alcohol 277817fd57b71bbc3a00aeca7af8380f_m
お酒は種類がたくさんあり、ストレート、ロック、水割り、ソーダ割りなどで飲む方法が一般的。料理やスイーツに使われ食べる事も。
m_taima586px-Joint(detail)
様々な種類の大麻をパイプ、ジョイント、ヴェポライザーで吸うのが一般的。料理やスイーツ、生ジュースとして食べたり飲む方法もある。

俗に言う「酔い・酔う」とは!?

m_alcohol61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_m

適量はリラックス、楽しくなる、おしゃべりになる、陽気になる。
過剰に摂取すると暴力的なる、判断力が欠如する、泣き上戸になる人も。
その日の記憶がなくなったり、次の日も気分が優れない酔いが残ることも。

m_taima 14142028
医療大麻的に、精神活性作用の状態。リラックス、楽しくなる、おしゃべりになる、陽気になる、創造性が増す、感性が繊細になる、音楽が鋭く聞こえる。
基本的に暴力的になることはない。
但し、心に不安がある場合、気の合わない人と一緒の時、その要素が助長され気分が悪くなることも。

体の変化

m_alcohol 14100429
適量は体がポカポカして、リラックスできる。気持ち良くおしゃべりになる人も。
飲み過ぎは体が重くなる、歩行が困難になる、ろれつが回らなくなることも。
過剰に摂取すると二日酔いとして次の日に吐き気、気だるさが残る。
m_taima 14183786
体が軽くなる感覚の人、深いリラックスから心地の良いダルさを感じる人も。
おしゃべりになったり、全く喋らなくなったりその時による。
吸いすぎは次の日に多少のダルさが残ることも。
幻覚を見ることはない。

m_alcohol870cd683f2d3b9710783bfc0971d2313_m
お酒は愛を語るムードを演出してくれる。但し、飲み過ぎの場面では愛の言葉に信憑性が薄れる傾向にある。性欲増進。
m_taima 14053952
大麻は心(内面)から愛を目覚めさせる作用がある。お互いが感じている愛を共有する作用や、両親の優しさ、ありがたさに「ふと」氣づく事も。性欲増進。

内観(自分を見つめ直す)

m_alcohol 14068063
何かを見つめ直す時、お酒によって心が落ち着き問題に向き合えることも。お酒の量が増える度、その思考は停止する傾向に。
m_taima 14068080
インドのサドゥーが瞑想で用いるように、大麻の酔いは自分を見つめ直す場面での相性はピカイチ。

勉学、芸術

m_alcohol 14064134
お酒と勉学は基本的に合わない。芸術で閃きを得るためにお酒の酔いを利用する人もいる。
m_taima14102157
人によっては勉学の集中力が増す人も。芸術との相性はどの分野でもアイデアを得るのに抜群の効果がある。

味覚

m_alcohol 5f9f6afccb0625037367ac926cdece0d_m
味覚に変化はないが、お酒と料理の相性は非常に良い。食前酒、食事中と場面に合わせて料理に合うお酒を楽しめる。
m_taima c19601cb83ebe98386ea07498d5ce21e_m
味覚が鋭くなる傾向がある。食前に一服すると食事が凄く美味しい。
特にスイーツとの相性は抜群。大麻には食欲増進の働きもある。

病気

m_alcoholcce39f05a593052ee2a1eb215d5417e2_m
適度なお酒はストレス解消になる。過剰になると肝機能障害や糖尿病など、
様々な病気の原因にも。アルコール中毒による手の震えやイライラなどの症状もあり、一気飲みは危険で死を招くことも。
m_taima14142028_17
医療でも使われる様に病気を治すもの。但し、吸い過ぎによるタール、不純物から喉の障害を感じる人も。大麻は過剰摂取による致死量がない。

 

依存の強さ

オランダ国立講習環境研究所より
1. ヘロイン
2. タバコ
3. 覚せい剤
4. コカイン
5. 酒
6. コーヒー
7. 大麻

お酒と大麻には酔いにそれぞれ特性がある。お酒の酔いは適量であれば嗜好品として、人々の生活を豊かにする。
大麻にもアルコールとは違う酔いの作用があり欧米を中心に嗜好品として楽しまれている。

日本では大麻は現在法律で禁止されています。上記は大麻の摂取を勧めるものではありません。
お酒と大麻の酔いの例を幾つか引用して記載した。

ここで、マリファナを始めて嗜むおばぁちゃんの動画を紹介。

日本と世界のマリファナ事情に続く ➡

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ