親子で大麻を吸ってみた

〜麻なびよりコメント〜
この動画、、いいわぁ〜。凄くいいです。
三組の親子が大麻を吸う映像なんですけど、、
子供が大麻大好き。親は昔経験がある程度もしくは初めて。

ボングかジョイントかを選び一緒にセッションする動画です。
この動画に嗜好大麻の全てが詰まっている気がします。

二組の親子は終始楽しんでます。親も大麻に対してなんの偏見もありません。
一組のお父さんは、、リバースしちゃいました。
多分久しぶりの大麻なのにちょっと無理して吸いすぎましたね。

大麻あるあるです。
よくある話です。

お父さんはちょと張り切って無理をして、予想以上に酔いが回って、、
慣れない精神状態が続いた結果でしょう。
お酒を一気飲みして急性アル中とは違いますからね。
死にません。水飲んで寝てれば大丈夫。

そんな事より、楽しめた子供の感想がなんとも感動するじゃないですか。
この感覚をいつか一緒に楽しみたい!そんな気持ちを強く感じます。

これまで否定される場面も多かったから、、一番理解して欲しい人と楽しめているから。。

泣ける。

わかるな〜。
日本にも未だにある嗜好大麻への偏見。

この人達をそれでも否定する意味、、ある??

普通がなんだか気づけよ人間。

Tokyo Pink

 

Tokyo Pink

Tokyo Pink

Tokyo Pink レベル34の革命家/麻なび代表
東京都出身の江戸前ラッパー。大麻大学卒業。
18歳でマザーテレサとの出会い、その後世界30ヶ国を巡りさまざまな文化、習慣にふれる。好きなブランドはブルーベリー。
現在は都内各地で大麻の真実を伝えるゲリラ活動中。
イベントの司会や講演を主催しラッパーとしてライブにも参加している。作詞家としては企業の社歌を制作する。
大麻を愛し、そして大麻に愛された男は日本のバビロンで愛を叫ぶのであ~る。

関連記事

  1. 内因性カンナビノイドシステム

  2. 世界アンチ・ドーピング機構 CBDを薬物検査のリストから除外

  3. タイでは3年後に産業用大麻(ヘンプ)栽培が一般市民にも開放される予定

  4. 米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」Newsweek日本版

  5. 女性誌 an・an 「ガンジャヨガ」を特集

  6. アメリカで老人たちの大麻サークルが人気。その理由とは?

  7. ユダヤ教指導者と聖職者と無神論者が一緒に大麻を吸ってみた

  8. カナダの大麻業界内 買収の動き

  9. 大麻産業の税収が凄いので「NYマリファナ合法化計画」

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ