遺伝子組換え酵母からカンナビノイド成分


〜麻なびよりコメント〜
なんともすごい記事だ。遺伝子組換え酵母からカンナビノイド。
現時点での率直な感想は、、、大麻でいいじゃん! (#・∀・)
室内栽培のエネルギー消費
→外で育てればいい(土壌も良くなる!)
農薬や肥料に対しての対策
→無農薬で育つ強い種に品種改良をすればいい(その他大麻の全てが何かになる!)
遺伝子組換えで、、大麻に存在しないカンナビノイドも作れるよ。と。
着目点の解決策としてだから、、なんか、なんとも言えない。
大麻だからここら辺、解決できるのが強みなのに。。

〈本文より転載〉
米カリフォルニア大学バークレー校のジェイ・キースリング教授らの研究チームは、合成生物学を応用し、遺伝子組み替えした酵母から、カンナビノイドの主な成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)やカンナビジオール(CBD)のほか、大麻草には含まれない新しい成分を生成させることに成功し、2019年2月27日、その研究成果を学術雑誌「ネイチャー」で公開した。

出典:Newsweek日本版

そんな注目記事はこちら!(๑•̀ㅂ•́)و✧
大麻草の栽培によらず、酵母での大麻化合物の生成に成功

関連記事

  1. 大麻用仮想通貨が支援、米朝首脳会談にデニス・ロッドマン派遣

  2. ハワイ初の医療大麻ラボが開設

  3. スイスの合法マリフアナ、たばこ同様の課税・警告表示で売り上げ増

  4. カナダの大麻業界内 買収の動き

  5. 米LA国際空港、手荷物でのマリフアナ持ち込み許可へ

  6. 米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」Newsweek日本版

  7. 大麻は米国をオピオイド危機から救うか? 研究が可能性を示唆

  8. 大麻の精神作用が教えてくれること

  9. 国連で「大麻規制」見直しへ、米FDAもパブリックコメント募集

おすすめ記事

  1. マリファナマーチ東京
PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ