ちょっと待った! CBDオイル 国内でも商品化の動き


〜麻なびよりコメント〜
一旦落ち着こう。WHOやFDAによるCBD見直しの動きも追い風となり、海外では産業用大麻の活用が進む中、
国内の原料メーカーでも取り扱いが始まっている。そんな記事が取り上げられた。

国内でも原料の取り扱いが始まっている、、、
その国内生産のCBDって原料はどこの国のものでしょう?
(○´・Д・) ドシタ?

国内では茎から精製したCBDの販売のみというのが日本の現状。
医療大麻の世界的権威 イーサン・ルッソ博士の言葉をここでもう一度おさらいしよう。

ルッソ博士(麻なびが主催 ティーパーティーvol.2より抜粋)
カンナビノイドで癌を治そうとする場合には、もの凄い量のカンナビノイドを摂取する必要があります。茎から精製したCBDオイルでそれだけの量のカンナビノイドを摂取するというのは現実的には難しいと思われます。
つまり茎というのは本来、CBD製剤の精製には適さない部位で、茎由来のCBDオイルのクオリティは花穂由来のオイルと比較すると相対的に低いわけです。

Q. 花穂由来のCBDオイルというのは、純粋にCBDだけを含むのでしょうか。
もしくは他のカンナビノイドを含んでいるのでしょうか?

A. 純粋にCBDだけを産生する品種(大麻草)というのは現在、発見されていません。
なぜなら、カンナビノイドの合成をコードする遺伝子というのはTHCとCBDの両方を同時に作るようになっているからです。ですから微量ではあっても、必ずTHCは含まれます。
しかし誤解しないで頂きたいのですが、THCというのは決して身体に悪いものではありません。THCが含まれていることが健康上、役に立つことも多いのです。ただ法律的には問題とされています。

詳細レポートはこちら:
日本に輸入できるCBDオイルは本当に効くのか?なぜクオリティが低いのか?

さて、お手元にあるCBDオイルで何らかの効果を体感している人にはもちろんありがたい商品だ。
しかしこの記事からは日本で販売されているCBDオイルと海外産のものがあたかも同じ効果を得られるような。
そんな誤解を生みやすい文章になっている。

さらにSNS上ではWHOやFDAの発表を機に国産CBDオイルに関してもここぞとばかりに売る!売る!売る!
そんな気を感じる宣伝文句も目にする。

消費者は原料の国はどこか?残留農薬の検査は本当に安全にされているか?
茎から精製されたCBDオイルをその値段で買う価値が本当にあるのか?
その判断を販売側が正しく伝えているのか?煽られてはいないか?

一度立ち止まって、ご自身の体感を元にご判断くださいませ。
早く日本でも”本物のCBDオイル”が手に入るようにしていきましょうね!

CBDはTHCと併用した方が効果が高まる by イーサン・ルッソ博士

カナダでの大麻の栽培、流通、販売合法化の動きや、世界アンチドーピング機構(WADA)の禁止薬物検査リストからの除外など、大麻由来有効成分「カンナビジオール(CBD)」に注目が集まっている。WHOやFDAによるCBD見直しの動きも追い風となり、海外では産業用大麻の活用が進んでおり、大手各社で参入の動きを見せている。国内の原料メーカーでも取り扱いが始まっている。

出典:健康産業新聞

そんな注目記事はこちら!(๑•̀ㅂ•́)و✧
https://www.kenko-media.com/health_idst/archives/11751

関連記事

  1. 医療大麻裁判 第三回公判のレポート

  2. 『まんが日本昔ばなし』の声優 常田富士男氏が歌う大麻

  3. みこしが「お渡り」 田辺の豊秋津神社

  4. 医療大麻裁判 五回公判のレポート

  5. ラッパーUZIの大麻所持報道から見える論点のズレ

  6. 産業用大麻所持で異例の書類送検 北海道の農業者が数十キロ

  7. 磐田市にある寝具店「菊屋」の、『小さな店の大きな麻夢物語』www

  8. 大麻合法化記念日のスピーチが素晴らしい

  9. 射水神社 『祈念大麻』を復活

おすすめ記事

  1. マリファナマーチ東京
PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ