満員御礼 〆 WEED THE PEOPLE 大麻が救う命の物語


〜麻なびよりコメント〜
2月10日(日)開催の麻なびティーパーティーvol.3
WEED THE PEOPLE 大麻が救う命の物語
満員御礼^^

募集を締め切らせて頂きました。
皆様お申し込みありがとうございました٩(ˊᗜˋ*)و.

※多少の立ち見が予想されます。予めご了承くださいませ。

-当日の注意事項-
録音・録画は禁止です
会場は禁煙です。外の喫煙スペースをご利用ください
ライブ映像は録音・録画OKです
写真撮影、SNSへの投稿はOKです

Green Zone Japanの医師の正高さん、翻訳家の三木さん
麻なび代表の母武麻リヲさんを迎えてのトークショーもあります。
質問も考えてきてくださいね!その後歓談の時間もあります^^

以下、再度詳細です。
当日は気をつけてお越しくださいませ。

麻なび事務局

今年米国で公開された『WEED THE PEOPLE — 大麻が救う命の物語 —』は、医療大麻でがんを治療する5人の小児がん患者とその家族の物語を軸に、医療大麻を巡る社会状況や専門家の意見、サポートする人々の姿を描くドキュメンタリー作品として、今年「SXSW Film Festival」や「Nashville Film Festival」を受賞。
本作には幼くして脳、腎臓、骨や筋肉の悪性腫瘍を患う5人の子ども達が登場します。現在の標準治療では治癒が困難な状況で、家族が希望を託したのは禁じられた大麻(WEED)でした。 患者と家族、それをサポートする医療従事者達の視点を通じて、私達は医療大麻を巡る最前線の光景、そして医療産業の姿を目の当たりにすることになります。
作中では、医療大麻に含まれている化合物(カンナビノイド)が体内で反応を引き起こし様々な効用をもたらしてくれることや、薬物規制法改正の根本には人権問題があること、そして今日のカンナビノイド医療をリードする面々のインタビューにより、事前知識のない方にも最適な内容となっています。
はたして子ども達のがんは治るのか? 貴方自身の目で確かめてください。

   

★トークゲスト

正高 佑志
グリーンゾーンジャパン代表理事/医師
1985年京都府生まれ。医師。熊本大学医学部医学科卒。在学中よりアジア諸国を中心に周遊し公衆衛生、伝統医療への見聞を深める。2016年カリフォルニア州にてカンナビノイド専門医、Jeffrey Hergenrather氏と出会い、カンナビノイド医療を専門とする事を決意。現在、熊本大学神経内科学教室所属。

三木直子
グリ-ンゾ-ンジヤパン理事
国際基督教大学教養学部語学科卒業。 翻訳家。2010年に『マリファナはなぜ非合法なのか?』(原題:Marijuana Is Safer)を翻訳したのをきっかけに医療大麻に興味を持ち、1年のうち数ヶ月を過ごすアメリカ・ワシントン州やカリフォルニア州を中心に、欧米での医療大麻研究や臨床利用状況についての情報を発信している。

母武麻リヲ
大麻評論家・麻なび代表

おおあさ自由学校・大麻大学主席卒業。大麻評論家。海外をのんびり一人旅、運命の大麻と出逢う。それを機に、大麻についての歴史や文化・医療など麻の本質を研究。それに伴い、2016年日本で初めてとなる『麻の情報に特化したポータルサイト 麻なび』を創設。大麻が病気に有効だと言うことは、すでに科学的に証明されているのであ~る。

★MC

Tokyo Pink
レベル41の革命家/麻なび代表

東京都出身の江戸前ラッパー。18歳でマザーテレサとの出会い、その後世界30ヶ国を巡りさまざまな文化、習慣にふれる。Locoman OrchestraのMCとして都内各地で大麻の真実を伝えるライブ活動。イベントの司会や講演を主催し、作詞家としては企業の社歌を制作する。大麻を愛し、そして大麻に愛された男は日本のバビロンで愛を叫ぶ。

★LIVE

SHOGUN BEATZ
AKAI MPC Xを駆使し独特な指ドラムテクニックを魅せるライブパフォーマー/ビートメイカー/ギタリスト
Finger Drumming Battle「Achievement 2015」第3位入賞
生バンドやシンガーソングライターとの共演、アーティストへのトラック提供、ダンス番組でのパフォーマンスなど、幅広く活動している。
またパフォーマンスにギターを取り入れインストゥルメンタリストとしての活動もしている。
2017年、AKAI professionalより発売の最新型MPC、「MPC X」「MPC Live」デモンストレーション動画出演

The Super Heavy Stoners
高円寺 ガンバラネBARから発信するRoots Reggae Band
2017年、大麻合法化のイベント『マリファナマーチ』に出演する為に結成された。
東京高円寺界隈から日本全国、勿論、世界へ Wild & Free な メッセージを伝えている。

〜麻なびよりメッセージ〜
これまでは薬物としての所持、売買、逮捕、逮捕、逮捕の報道ばっかり。
それでも世界の情勢、医療大麻の効果、事実は少しずつですが目にするようになりました。
皆さんの印象も随分と変わって来たのではないでしょうか。

2017年に医療大麻の権威、イーサン・ルッソ博士をお呼びして開いたイベントから
2019年に再びGREEN ZONE JAPANの協力の基、アメリカ医療大麻の最前線を映画上映会します。

いたってシンプル。大麻は病を癒す植物です。
その真実を「今」から知ることは決して無駄ではありません。
2019年2月10日 東京上陸!
新しい常識が「今・ここから始まる」
皆様のご参加、楽しみにお待ちしております。

 

参加ご希望の方はこちらにご記入の上お申し込みください。
料金は当日受付にてお支払いください。

※当日は立ち見の可能性もございます。ご了承ください。

 

監督:リッキー・レイク/ アビー・エプスタイン

出演:
アレクサンダー・AJ・ケファート(骨肉腫)
チコ・ライダー(横紋筋肉腫)
セシリア・ヴォン・ハーツ(腎芽腫)
ソフィー・ライアン(視神経膠腫)
エイドリアン・AJ・ピーターソン(小児脳幹部グリオーマ)
マラ・ゴードン(アント・ゼルダ創設者)
ボニー・ゴールドスタイン(医師)
ドナルド・エブラムス(医師)
スニル・アグラワル(医師)
イーサン・ネーデルマン(ドラッグポリシーアライアンス創設者)
アマンダ・レイマン(薬物政策専門家)
ラファエル・ミシューラム(カンナビス研究者)
マヌエル・グズマン(カンナビス研究者)
クリスティーナ・サンチェス(カンナビス研究者)

 

関連記事

  1. 伊勢麻振興協 大麻栽培許可を再申 三重県、来月上旬にも判断

  2. 福島の大麻が“すごい”らしい…かつての帰宅困難地域の一部が無法地帯に

  3. 参議院議員会館で大麻栽培?AERA dot.の記者が発見

  4. ラッパーUZIの大麻所持報道から見える論点のズレ

  5. The Scientist(日本語字幕付き)

  6. 日本に輸入できるCBDオイルは本当に効くのか?なぜクオリティが低いのか?

  7. 日本の中小企業と大麻の可能性 農業ITの主役は大麻!?

  8. 独立行政法人の地域・分析レポートに大麻

  9. 「大麻のミクロ写真」が美しすぎる!

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ