2020年米大統領選、有力候補らが「大麻合法化」を相次ぎ主張


〜麻なびよりコメント〜
一丁気張ってべしゃる、見ざる、聞かざるに聞かせてやるスペシャル。
米大統領選の有力候補らが「大麻合法化」の声をあげている。
これは米で大麻合法の声を上げ続けた”民間人”の功績に他ならない。
政治家として「大麻を合法化する」と主張することが当選の道になることも要因だろう。
日本も必ず合法化の道を辿る。あとは時間をどれだけ短縮できるか。
麻なびは一週回って思うことがあります。
草の根の活動。一人一人が隣の人に勇気を持って話すこと。
偏見を恐れず堂々と主張しよう。未来は僕らの手の中にある。

〈本文より転載〉
2020年の米国大統領選の有力候補として知られる、民主党のカリフォルニア州上院議員カーマラ・ハリスは、自身の著書で大麻の合法化を主張している。
そんなアメリカの最新の動向はこちら!

配信元:Forbes JAPAN
https://forbesjapan.com/articles/detail/24878#

関連記事

  1. 英議員ら、大麻入り飲食物提供の「お茶会」参加合法化目指す

  2. 北海道にリスペクト!!産業用大麻の活用推進 道議の研究会が方針確認

  3. 鳥取 大麻栽培事業、補助金返還訴訟で初弁論

  4. サラリーマンKの米大麻旅行記 〜デンバー編〜

  5. 420Japan 渋谷のハロウィンで大麻の世論調査

  6. 2018マリファナマーチ東京ハイライト💓

  7. マリファナ生産会社ティルレイがIPO後初の決算

  8. てんかん発作約4割削減、大麻由来成分で研究

  9. 大麻を規制する米政府の動きが、新たなビジネスチャンスを生みだした

おすすめ記事

  1. マリファナマーチ東京
PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ