2020年米大統領選、有力候補らが「大麻合法化」を相次ぎ主張


〜麻なびよりコメント〜
一丁気張ってべしゃる、見ざる、聞かざるに聞かせてやるスペシャル。
米大統領選の有力候補らが「大麻合法化」の声をあげている。
これは米で大麻合法の声を上げ続けた”民間人”の功績に他ならない。
政治家として「大麻を合法化する」と主張することが当選の道になることも要因だろう。
日本も必ず合法化の道を辿る。あとは時間をどれだけ短縮できるか。
麻なびは一週回って思うことがあります。
草の根の活動。一人一人が隣の人に勇気を持って話すこと。
偏見を恐れず堂々と主張しよう。未来は僕らの手の中にある。

配信元:Forbes JAPAN

2020年米大統領選、有力候補らが「大麻合法化」を相次ぎ主張

 

民主党のカリフォルニア州上院議員カーマラ・ハリス(Photo by Chip Somodevilla/Getty Images)

2020年の米国大統領選の有力候補として知られる、民主党のカリフォルニア州上院議員カーマラ・ハリスは、自身の著書で大麻の合法化を主張している。

「長年続いてきたドラッグをめぐる論争に終止符を打ち、米国は大麻の合法化を推進すべきだ」とハリスは1月8日に発売した著書で述べた。

大麻の合法化推進はここ数年、米国においてメインストリームの動きとなった。中でも民主党議員の間で、合法化支持の声は高まっている。

「大麻を合法化して適切な規制の管理下に置くべきだ」とハリスは述べ、大麻の取り締まり現場に人種的偏見が関わっている事を指摘した。「数百万人に及ぶ人々が、被害者のいない犯罪を理由に逮捕されている。当局はこれらの記録を抹消し、彼らを過去から解放すべきだ」とハリスは著書に記した。

米国の連邦レベルで大麻は、スケジュール1の規制薬物に指定されているため、その使用がどのような影響を人々に与えるかの正式な研究は進んでいない。大麻の影響下で運転を行うことは危険だとの見方もあるが、呼気から大麻使用を検知するような信頼性の高いデバイスも存在しない。

ハリスはまた、薬物依存を「公共の安全に対する脅威」として捉えるのではなく、健康問題に位置づけるべきだと主張する「薬物依存を犯罪とみなすことで、状況がさらに悪化している」と彼女は述べている。

かつてカリフォルニア州の州司法長官を務めたハリスは、2016年に同州で実施された大麻の合法化に向けた住民投票からは距離を置いていた。しかし、彼女は軽犯罪者を刑務所に収監しない、司法システム改革プログラムの「Smart On Crime」を率いてきた。

ハリスは2018年、民主党の支持者の間で大麻合法化支持の声が高まるなかで、大麻の合法化を推進するスタンスを明確にし、5月には大麻使用を禁止した連邦法の改正を目指す「Marijuana Justice Act」(大麻公正法)の共同提案者に加わった。

「米国では多くの人々が大麻の使用が原因で逮捕され、起訴され、刑務所に送られている。この状況を変えなければならない」とハリスは当時、述べていた。

ハリス以外にも、民主党から大統領選に出馬を表明した議員の多くが、大麻合法化のポリシーを掲げている。先日、出馬に向けた準備委員会を立ち上げたマサチューセッツ州選出のエリザベス・ウォーレン上院議員も、大麻合法化のスタンスを掲げている。

編集=上田裕資

関連記事

  1. 豪政府、医療用大麻の輸出を解禁 その背景にあるもの

  2. 仏 大麻使用の罰則大幅緩和へ 禁錮刑廃止、罰金引き下げ

  3. あなたはどれ?大麻の使用目的 コロラド州調査結果

  4. てんかん発作約4割削減、大麻由来成分で研究

  5. 大麻依存症患者を求めて〜プロパガンダに立ち向かう医師〜

  6. 大麻で逮捕された者の現実 vol.1 大畑龍馬氏の手紙

  7. マリファナ生産会社ティルレイがIPO後初の決算

  8. 世界の合法大麻市場、2021年には3.5兆円規模に成長の見通し

  9. 2018マリファナマーチ東京ハイライト💓

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ