オランダ 世界初となる大麻プレハブ住宅を完成

〜麻なびよりコメント〜
産業用大麻業界に必要なのは、伝統を重んじる根本の心と、需要を生み出す新しいアイデアだ!
オランダの会社が世界初、本格的な大麻プレハブ住宅を完成させた。
ヘンプクリート(大麻製のコンクリート)は大麻と水と糊を混ぜ合わせて作られる。
耐震性、耐久性に優れる。製品を作るのに育てた大麻は13,500キロのCO2を消費する。
記事には書いてないが、子供達のシックハウスにも効果絶大だろう。
日本でも蕎麦の栽培後、大麻を育て土壌を保ったと言う話も聞く。

これは注目、続きはこちら(๑•̀ㅂ•́)و✧!
配信元:Planty

関連記事

  1. 嗜好目的での大麻合法化を支持 NJの次期州知事

  2. 大麻産業の税収が凄いので「NYマリファナ合法化計画」

  3. 米国で始まりつつある「大麻ブランド競争」

  4. カナダの大麻業界内 買収の動き

  5. 大麻で逮捕された者の現実 〜それでも主張する訳〜

  6. 京都新聞が紹介する「日本麻振興会」しめ縄奉納

  7. 米スポーツ界に広がる「勝つために必要な大麻」容認の姿勢

  8. 医療用大麻の試験結果で重度のてんかん児童に希望

  9. 親子で大麻を吸ってみた

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ