みこしが「お渡り」 田辺の豊秋津神社

〜麻なびよりコメント〜

日本文化・神道に根付いた「大麻」

ー大麻(オオヌサ)とは!?ー
大麻(おおぬさ、たいま、太麻)、神道の祭祀において修祓(しゅはつ、祓い)に使う道具の一つで、木綿(ゆう)や麻、後世には布帛や紙が用いられる。「ぬさ」は麻の古名で、幣あるいは麻、奴佐と当て字される「ぬさ」の美称が「おおぬさ」である[5]。大幣(おおぬさ)とも。白木の棒で作ったものは祓串(はらえぐし)とも言う。
「ウィキペディア引用」

神社でお祓いをする際に使用する『大麻(オオヌサ)』
なぜ、お祓いをする際に大麻を使用するのでしょうか?
なぜ、こんなにも大麻は、神道で重宝されるのでしょうか?
大麻って、本当に素晴らしいですね((´∀`*))

記事の詳細はこちら(๑•̀ㅂ•́)و✧

配信元:紀伊民報
http//www.agara.co.jp/news/daily/?i=361881

関連記事

  1. 福島の大麻が“すごい”らしい…かつての帰宅困難地域の一部が無法地帯に

  2. ラッパーUZIの大麻所持報道から見える論点のズレ

  3. 北海道「大麻研究者」を不起訴に 札幌地検

  4. 理解ある若者と勉強しない日本のメディア

  5. ペルー 医療用大麻を解禁へ

  6. 大麻取締法の検挙者数データ 保護法益のない法律

  7. 香取神宮「神麻奉納」東のエルサレム

  8. 長野県の集落内で大麻所持 3月28日に判決

  9. 2か月で株価15倍銘柄も。日本でも買える「大麻関連株」

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ