大麻ビジネス チャートで世界の動きを見てみよう!

世界的に広がる大麻合法化の波に乗って、「大麻ビジネス」が加熱しています。既に大麻関連の銘柄は400に迫る勢い。
そこで麻なびでは、現在注目の大麻関連企業を紹介します。
リアルタイムの株価チャートも載せていますので、定期的にチェックして、世界の「今」を一目で体感してみよう!
銘柄は今後も追加していきます!

 

ETFMGオルタナティブ・ハーベストETF
ETFMG Alternative Harvest ETF(MJ)

なんと、大麻関連産業に関連する企業で構成されたETF(上場投資信託)があるんです。
30社の中の上位10社の内、8社がカナダ企業、1社が英国企業、1社が米国企業で構成されています。

finviz dynamic chart for  MJ

 

キャノピー・グロース
Canopy Growth Corporation (CGC)

カナダの医療用大麻の製造販売会社。
子会社を通じて、乾燥、油、およびソフトジェルの大麻製品をオンラインで販売しています。
カンナビノイドベースの医薬品の製造販売にも進出。
スヌープ・ドッグも独自の大麻ブランドでタイアップしています。
上場している大麻関連企業としては、現時点では世界最大の規模だといえるでしょう。

finviz dynamic chart for  CGC

 

コンステレーション・ブランズ
Constellation Brands, Inc.(STZ)

コロナビールで有名な米国アルコール飲料メーカー。
上記キャノピー・グロースへ約4000億円の出資を行い、戦略的パートナーシップを締結。
2019年半ばまでに、THCを使用した飲料を新たに開発する計画です。

finviz dynamic chart for  STZ

 

クロノス・グループ
Cronos Group(CRON)

カナダで事業を展開している投資会社。5つの医療用大麻生産会社に投資を行っています。
子会社を通じて医療用大麻や大麻油の生産、販売も行っており、規模はカナダトップクラスです。

finviz dynamic chart for  CRON

 

ティルレイ
TILRAY(TLRY)

カナダの医療用大麻の医薬品メーカー。
カンナビノイドベースの医薬品を、カナダやアルゼンチン、オーストラリアなどの様々な国で販売しています。

finviz dynamic chart for  TLRY

 

スコッツ・ミラクル・グロ
The Scotts Miracle-Gro Company(SMG)

オハイオ州にある芝生や庭園製品の販売をしている企業。
大麻を育てるための土や肥料、カンナビス水耕栽培機器を販売しています。

finviz dynamic chart for  SMG

 

GWファーマシューティカルズ
GW Pharmaceuticals PLC(GWPH)

イギリスのケンブリッジに本社を置く、カンノビノイド薬の開発を行う企業。
多発性硬化症の治療薬「サティベックス」が有名。28ヵ国の国々で使用することを承認されています。
麻なびでも昨年元シニア・メディカル・アドバイザーのルッソ博士をご紹介しました。
3月には小児てんかん性の治療のためのカンナビノイド薬「エピディオレックス(Epidiolex)」が有効であることを、120人を対象とした臨床試験結果で明らかにしました。これを受けて同社の株価は130%急騰したとのことです。

finviz dynamic chart for  GWPH

 

アッヴィ
AbbVie,Inc.(ABBV)

イリノイ州にある、高度な治療法の発見・開発・商業化を行う研究型バイオ医薬品会社。
事業は世界中に展開されており、日本にも活動拠点を持っています。
現在マリノール(Marinol)と言われる大麻関連薬品がFDA(アメリカ食品医薬品局)で認可されています。
マリノールはエイズ患者向けの薬品で、慢性的な疲れや嘔吐などを和らげる鎮静薬として活用されます。

finviz dynamic chart for  ABBV

 

アジレント・テクノロジー
Agilent Technologies Inc.(A)

カリフォルニア州にある、化学分析機器や電気・電子計測機器の開発・製造・販売・サポートを行う業界最大手の企業。
大麻製品の品質検査機器を販売しています。
大麻合法化が進むと必ず必要とされるカンナビス検査機器やサービスの分野はこれから要注目と言えるでしょう。

finviz dynamic chart for  A

 

キャラ・セラピューティクス
Cara Therapeutics, Inc.(CARA)

コネチカット州にある、臨床ステージのバイオテクノロジー企業。
痛み・痒みを緩和する化学物質の開発・商業化を行っています。
現在、神経因性疼痛の治療のためのカンナビノイドの前臨床研究を行っています。

finviz dynamic chart for  CARA

関連記事

  1. 医療大麻裁判 五回公判のレポート

  2. 大麻ファッションは、次のメインストリームに成り得るか?

  3. 医療大麻と相性抜群!酵素風呂に埋もれましたの巻

  4. 香取神宮「神麻奉納」東のエルサレム

  5. 米国で始まりつつある「大麻ブランド競争」

  6. 医療用大麻の試験結果で重度のてんかん児童に希望

  7. 京都新聞が紹介する「日本麻振興会」しめ縄奉納

  8. 大麻用仮想通貨が支援、米朝首脳会談にデニス・ロッドマン派遣

  9. スイスの合法マリフアナ、たばこ同様の課税・警告表示で売り上げ増

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ