2018マリファナマーチ東京ハイライト💓

2018.5.6 Marijuana March 東京


※主催者や参加者へのインタビューです!


※行進の模様はマリファナマーチ公式映像をチェック!

💕麻なびは今年もマリファナマーチに参加してきましたヨ💕

子供から大人まで老若男女が練り歩く
マリファナマーチはフェスティバル、そう「お祭り」です。

大麻が大好きな人!医療として求めてる人!産業用として伝統文化の大切さを知っている人!
様々な人々が集う一年に一度の行進です。

みんな和気藹々として青山を抜け表参道、そして渋谷のセンター街を歩きます。

現在の日本では、大麻に対する正しい情報を得られない人が沢山います。
世界の大麻が合法化された国でさえ自分の感覚のみで他者を非難する人がいます。

マリファナマーチは行進をして楽しみながら沿道の人々に「大麻の正しい情報」を知る
”きっかけ”を持ってもらう。

何よりも現代社会で声にしにくい自分の気持ちを解放できる特別な日。

日本でもこの植物がもたらす効果や医療での有効性、そして日本の伝統文化であるという事を人々に
再度認識してもらい、まずは道端で議論が始まり、そしてさっさと国会議員に追いついてもらう。

植物を持っているだけで「法で裁かれる」という異常な状態に気づいてもらう。
そういう想いでみんな歩いてます。

マリファナマーチって、そんな「お祭り」なんです。

たとえ日本で合法化された後もこの行進は続くでしょう。
大麻を通して伝えるべき本質は合法後も何も変わらないから。

ただ、合法後はみんな大麻を吸いながら行進する。
ちょびっとだけ更に楽しくなるだけww

そんなフェスティバルに対して、時々外野からこんな声が上がります。
「あの伝え方はダサい」
「ヒッピーみたいな格好では説得力がない」
「医療や本当に求めてる人からしたら迷惑」

その他にも あーだ こーだ こーなら そーだ

参加者の声を代表で代弁して一言でレスポンスさせていただきます
「いいじゃん。別に」

マリファナマーチはフェスティバル。
「お祭り」です。

もっと他のやり方があると思って意見する外野の皆さん。
皆さんのやり方でどーぞ。

マーチの参加者は否定しません。応援します。

警察にも届け出をして、必要な手続きをして
主催者や参加者はこのお祭りを楽しんでます。

2018年のマーチでもでっかいサウンドシステムを組んで
前列ではマイクを通してでっかい声で叫びました。

「沿道の皆さん、お騒がせしてます。僕たちはマリファナマーチです。
皆さんに大麻という植物の本当の事を知ってもらいたくて歩いてます。」

「大麻は日本の文化です。医療で助かる人が沢山います。」

「世界中でその有効性が認められています。知らない人は是非ネットで検索してください」

それに続く参加者が各々にプラカードを掲げて後に続きます。

マスコットが歩道橋まで足を伸ばし、女子高生から「かわい〜」と
一緒に写真を撮っていたりw

沿道から手を振って応援してくれる人がいたり!
今年のマーチも楽しく行進できました。

マリファナマーチの主催者の皆さん。
今年も参加させていただき、ありがとうございました。

麻なびへのアクセスもいつも以上で!倍増しましたw
こうして連動することで正しい情報は拡散されるのですよね。

締めくくりに「麻なび」より、これから大麻を知る皆さんへ
とても大切なメッセージです。
大麻は人類の歴史上、10000年前から我々の生活と共に在りました。
禁止されているのはたかが100年足らずです。
日本では戦後にアメリカから禁止される前は全国に大麻畑が在りました。
伊勢神宮のお札は「神宮大麻」と呼びます。
皆さんが初詣やお参りで神社でならす鈴の緒や注連縄は大麻です。

質問です。
「なぜ戦後から今まで、同じタイミングで世界で大麻は禁止されたかご存知ですか?」

世界中の研究者や医者が大麻の医療利用に関して「安全である」と結論を出してます。
副作用の強い合成薬とは違い、天然の植物が人の病をほぼ副作用なしで癒します。
250以上の疾患に効果があり、大麻を使用することで助かる人、命がたくさんあります。
赤子は母乳から大麻に似た成分を摂取しています。
体内には大麻に似た成分があり、人体で作用する事で疾患や病に効くのです。
だから世界の国々では医療大麻を活用しています。

質問です。
「なぜ世界の国がその有効性に驚き、解禁しているのに日本はまともな研究をしないのでしょうか?」

大麻を嗜好品として楽しむことに反対する人がいます。
アルコールやタバコよりも安全という研究結果が出ているのにです。
依存性もカフェインと同じくらい。つまりコーヒーを飲みたいと思う程度です。
大麻を吸うとよく眠れる、リラックスできる、優しくなれる、大切な本質に気付く。
これは悪い事でしょうか?他の薬物の入り口になる?その入り口は本当に大麻でしょうか?
アルコールで得られる酔いはその入り口とされないのはなぜでしょうか。

質問です。
「あなたは大麻を吸った事がありますか?もしかしてイメージだけで決めつけていませんか?」
※危険ドラッグと一緒にしないでネ

大麻は人類や地球に有効な植物である。この結果は既に証明されています。
だから国家レベルで解放されているのです。

ここまでくれば選択肢は自由だと思いませんか^^

大麻に否定的な人は、未だに危険で頭がおかしくなると本気で思っているようですw
なぜか?正しい情報を知らないからです。あるいは認めたくない何かがあるからです。

正しい情報を知った後にどのような選択を心でするのか。
あとは皆さんの”良心”の問題ですね。

今でも警察は植物所持、栽培、譲渡で逮捕します。
なぜか?彼らにも家族や自分を養っていかなければいけない生活があるからです。
それが仕事だからです。

裁判官は大麻事件を扱うと誰も傷つけていない人を法律で裁きます。
なぜか?彼らにも職務を全うしてお金を得る必要があるからです。

本当にそれでいいのですか?

マリファナマーチを含め、大麻を通して伝えるべき本質はそこにあります。

僕たちは「いいものは良い!」と声にしているだけです。

あなたの家族が、あなたが病にかかった時。大麻を使うかそれ以外か。
選択肢はそれぞれ。

あなたが大麻を吸うのが好きでなく、お酒が好きならそれでいい。OK!
でも自分と違う楽しみ方をしている人を非難するのはやめた方がいいです。

日本という国家は事実を捻じ曲げて、世界とは真逆の情報を拡散しています。
これが事実です。

なぜでしょうか?役人の皆さん、政治家の皆さん。
大麻を禁止することが本当に国民の為と思うのならその理由を聞かせてください。

そろそろ大麻を議論のテーブルにのっけよう

今年もそんなメッセージを込めてマリファナマーチは行進しました^^

参加したみなさん、来年も会いましょう!
この記事を見たみなさん、来年は楽しみましょう!
警察官のみなさん、最後まで安全に誘導してくれてありがとう!

大麻問題を見ると世界の縮図がよく見える。
大麻解放戦線 マリファナマーチ東京のレポートでした。

Tokyo Pink

Tokyo Pink

Tokyo Pink

Tokyo Pink レベル34の革命家/麻なび代表
東京都出身の江戸前ラッパー。大麻大学卒業。
18歳でマザーテレサとの出会い、その後世界30ヶ国を巡りさまざまな文化、習慣にふれる。好きなブランドはブルーベリー。
現在は都内各地で大麻の真実を伝えるゲリラ活動中。
イベントの司会や講演を主催しラッパーとしてライブにも参加している。作詞家としては企業の社歌を制作する。
大麻を愛し、そして大麻に愛された男は日本のバビロンで愛を叫ぶのであ~る。

関連記事

  1. 鳥取県智頭町《「結局吸いたいだけ」と思われないために》松浦良樹レポート

  2. 女性誌 an・an 「ガンジャヨガ」を特集

  3. ニューヨーク5番街に「医療マリフアナ」専門店

  4. 長野県の集落内で大麻所持 3月28日に判決

  5. マリファナマーチ東京

    マリファナマーチ東京

  6. 神事用大麻栽培の免許交付 三重、神社関係者ら申請

  7. 大麻由来の治験薬、米食品医薬品局の支持獲得

  8. 麻なびチャンネル開局です!🎶٩(๑´3`๑)۶ 

  9. 国連で「大麻規制」見直しへ、米FDAもパブリックコメント募集

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ