仏 大麻使用の罰則大幅緩和へ 禁錮刑廃止、罰金引き下げ


〜麻なびよりコメント〜
フランスが大麻使用の禁固刑を廃止、罰金額を大幅に引き下げる方針を発表した。
理由が警察の負担軽減とは、、欧州でも大麻使用者が多いのに対して政府は頭が堅い。
それでも医療大麻は合法。嗜好も非犯罪化なのはフランスが少しずつでも進んでいる証拠だ。

配信元:AFP BB NEWS
http://www.afpbb.com/articles/-/3160017

【1月26日 AFP】フランス政府は25日、大麻使用に対する禁錮刑を廃止するとともに、罰金額を大幅に引き下げ、その場で徴収する形に変更する方針を発表した。警察の負担削減が狙い。

フランスの大麻使用率は欧州諸国でも特に高く、約70万人が大麻を常用していると推定されている。一方、同国の大麻使用者への処罰は欧州で最も重い部類に入り、最高で3750ユーロ(約50万9000円)の罰金と1年の禁錮刑を科している。ただ実際には、使用者の大半が警告を受けるのみで処罰を免れている。

フランスのジェラール・コロン(Gerard Collomb)内相は、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領が昨年の大統領選で掲げた公約通り、大麻使用に対する罰金処分を簡素化する方針を表明。一方で「大麻使用の合法化はしない」と述べ、再犯者や大麻取引の容疑者については刑事訴追もあり得ると警告した。

仏政府は、議会がまとめた報告書での勧告に基づき、違反者にその場で150~200ユーロ(約2万~2万7000円)の罰金を科す新規定を導入する予定。フランスでは近年、大麻合法化の是非が頻繁に議論されているが、賛成派に対しては、犯罪へ寛大な姿勢を批判する声が上がっている。(c)AFP/Gregory DANEL

関連記事

  1. 米国、大麻の使用が急拡大…連邦法では禁止、巨額税収の魅力、揺れるトランプ政権

  2. 医薬品と民間薬の違い?子供の癌を語る親とアメリカ医師の主張

  3. 大麻業界が生み出す雇用は製造業以上、米2020年までの見通し

  4. 米大麻がもたらしたマンチーな経済効果

  5. 医療大麻基本法の施行に向けて NPO法人医療大麻を考える会

  6. 豪政府、医療用大麻の輸出を解禁 その背景にあるもの

  7. 北海道「大麻研究者」を不起訴に 札幌地検

  8. カナダ トルドー首相 嗜好大麻合法化に向けて♪

  9. 野生大麻の所持後絶たず 北海道の広大な群生地、駆除限界

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ