ラッパーUZIの大麻所持報道から見える論点のズレ


東京です。

「俺がUZI 通すのは話の筋」

お馴染みのフレーズで日本のHIP HOP黎明期から活躍しファンを楽しませてくれているラッパーの「大麻所持で逮捕」のニュースは現在テレビやネットで数多く報道されていますね。

僕はUZIの曲は大好きだし、彼のライブも数多く足を運びそのリアルな言葉やヴァイブスを体験してきたファンの一人です。そして大麻を解放することで日本にもたらされる多くの利点を知っている、現状ではマイノリティーに属する一人かもしれない。

さて報道から数日たちましたが、各マスコミの報道を見てみるとなんと内容の薄いことか。この件に正面から向き合って報道と議論をしているのはネットニュースで取り上げられたものだけで判断するとAbema TVの「Abema Prime」くらいなもんだ。肯定的な意見と否定的な意見を取り上げ議論を始めた感じを受ける。その他はこれまでと変わらず偏見と嘘を平気で垂れ流す表面的な内容でしかない。

まず現行法の大麻取締法を犯したことは事実であり、法令遵守の観点から言えばダメなものは駄目!なことは間違いない。

しかし「大麻はダメ絶対!」ではない事は歴史と文化、そして科学や医学のエビデンスがこれでもかと云うくらい事実と証拠を示しているのも本当のことだ。

大麻の有効性を認め解放している世界の国と見比べて、議論のテーブルにものらない日本の現状を見てみると利権やマスコミスポンサーの“影”がちらつく氣がするのは僕だけではないだろう。

東スポの報道によると薬物事犯に詳しい精神科医で「ヒガノクリニック」の日向野春総院長(東京都足立区)は未だに不整脈がでる、大麻中毒などの無知な見解を平然と述べている。日向野くん。医者なら最新のエビデンスを勉強してから述べてくれ。君には「医療大麻の真実」という本をオススメする。本当に知識と良識を持った医者ならば、その根拠と証拠を目にすれば理解できるはずだ。

そしてこの報道に対して一般人が書き込むコメントを見ていると、個人的に抱いていたイメージや報道に犯されたマインドによる否定的な意見で溢れている。

これが今の日本の現状だ。個人的には観点と論点がズレていると思っている。
なぜそう思うか?

そもそも大麻取締法は※保護法益が不明確だからだ。

※解説:保護法益とは法律を作って保護するに値する利益・権利のこと。
例)人の命=保護するに値する権利だからから殺人罪によって規制している。
例)個人情報=以前は電話帳などにも記載があり気軽に公開されていたが、情報が高度化した現代では簡単に悪用できる。その為、個人情報を扱うにおいてルールができた。

もう一度。大麻(植物)所持を禁じることで誰の利益が、何の権利が保護されているのだろうか。

UZIは大麻を所持していたことで誰かを傷つけたのか?
UZIは大麻を吸ったことで問題を起こしたのだろうか?

関係者にはもの凄い影響があっただろう。それが法律を犯した時に必ず発生する。
しかし大麻問題はもっと根本にある「法律としてあるべきか?」を軸に考えるべきだ。

僕はお酒が大好きだ。しかしフラットな視点で述べれば、大麻を禁じる理由をそのまま酒に置き換えればアルコールも禁じるべき理由に十分値する。

何が言いたいかというと「大麻はそもそも取り締まられるべきものなのか?」
この一点だけである。

なぜ大麻を所持してはいけないのか? なぜ育ててはいけないのか?
なぜ大麻を吸ってはいけないのか? なぜ国は規制するのか?

大麻問題を論じるのであればここをスタート地点にしなければいけない。

大麻を吸うこと、育てること、譲渡することに否定的な人たちの中で明確な証拠と根拠を元に見解を述べているのを残念ながら聞いたことがない。

フラットな観点で正しい情報を与えるべき政府やマスコミが腐っているから無知な国民は犯された自身の常識が正しいと勘違いをしている。

僕もその一人だった。与えられる情報は全て正しく、それが常識だと信じていた。
そのマインドを変えてくれたのが日本語ラップだった。

HIP HOPという根っからポジティブで何事にも正直なスタイルは「自分の目で見て考え判断すること」、「違うと思うことには正面から意見を主張すること」、「愛を持って未来を創造すること」を教えてくれた。

だからリアルなラッパーのリリックには大麻のことをシャウトする曲も数多く存在する。
口は悪いが正直なおじさんみたいなもんだ^^

日本のヒップホップシーンの中には大麻問題が起こるとシーン全体のイメージが悪くなるなんて言っているワックでフェイクな糞MCがいやがる。それこそがバビロンシステムの中でワイワイ韻を踏んで遊んでいる偽物だ。彼らの音楽からはHIP HOPを感じることができずヴァイブスを感じない。

今回のUZI逮捕の報道に対して彼に近い人たちもコメントしている。

中にはいい子ちゃんなコメントも見受けられる。それもしょうがない。メジャーシーンにはコンプライアンスやその組織を作り上げている周りの人達にも影響があるのだろうから。そこまで作り上げたビジネスをわざわざ壊す要素をあえて表に出さないのだろう。それも言葉を選び控える理由の一つかもしれない。一昔前に彼らから感じたリアルと比べると、現在の日本のメジャーラッパーは歯にモノが詰まっている。アメリカのリアルラッパーとは違う。そう感じてしまう。

彼らの最近の曲はめっきり聞かなくなった。
表現は自由なれど、両者の曲はものすごく韻を踏むのがうまいジャニーズみたいだ。

それを好きな人もいるし楽しいものだから否定になってはいけない。
でも一昔前なら彼らが言っていたであろう言葉はもう壁の向こう側で寂しい。

「法律を犯したことは悪い事だが、この法律が存在している事はもっと悪い!」
これくらいの事はリリックに大麻を表現してきたラッパーなら本心理解しているだろうに。

自宅にあった大麻で現行犯。自宅まで行ったのか?何を理由に?マトリもタチが悪い。

これから報道も引き続きされるのだろうが、この記事を見てくれた読者は是非考えて欲しい。
「そもそも大麻取締法はなければいけない法律なのか?」

その答えは何故か?

そんな事をずっと考えてきた僕の意見をラッパーらしくリアルに述べよう。
「大麻は地球を救うって噺。カモンメーン」

関連記事:神の領域
https://wp.me/p7UyCb-xL

では最後に曲紹介。

Tokyo Pinkで「sensenfukoku88」

そして

UZI,HAB I SCREAM,DEN,RINO LATINA IIで「TKO HIP HOP」

二曲続けてどうぞ^^

2018.1.22
Tokyo Pink

Tokyo Pink

Tokyo Pink

Tokyo Pink レベル34の革命家/麻なび代表
東京都出身の江戸前ラッパー。大麻大学卒業。
18歳でマザーテレサとの出会い、その後世界30ヶ国を巡りさまざまな文化、習慣にふれる。好きなブランドはブルーベリー。
現在は都内各地で大麻の真実を伝えるゲリラ活動中。
イベントの司会や講演を主催しラッパーとしてライブにも参加している。作詞家としては企業の社歌を制作する。
大麻を愛し、そして大麻に愛された男は日本のバビロンで愛を叫ぶのであ~る。

関連記事

  1. 医療大麻と相性抜群!酵素風呂に埋もれましたの巻

  2. 日本で初の医療大麻裁判の開廷!!

  3. 医療大麻看護師 リサ・ブキャナンに訊く GREEN ZONE JAPAN

  4. 地球学校 ーWorld Hemp Culture Support Tour 2016 ー   琉球の…

  5. 医療大麻裁判 第二回公判のレポート

  6. 大麻堂シアトル店が堂々オープン!

  7. カナダ トルドー首相 嗜好大麻合法化に向けて♪

  8. 北海道「大麻研究者」を不起訴に 札幌地検

  9. 「秋の大交流パーティー in HEMP CAFE TOKYO 〜第2回Hempヴィーガン飯交流会〜」…

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ