嗜好目的での大麻合法化を支持 NJの次期州知事

〜麻なびよりコメント〜
アメリカで嗜好大麻を解禁する州がまた一つ増えるかもしれない。
皮切りは財政難だが次期州知事は大麻の合法化は社会的公正にプラスの効果を与えると主張している。
既に嗜好大麻が解禁された州で大きな問題が起こっていない事も世論を後押ししたのだろう。

配信元:DAILY SUN  11/17/2017

https://www.dailysunny.com/2017/11/17/nynews171117-3/

ニュージャージー州の次期知事に選出されたフィル・マーフィー氏(民主)は15日、朝のテレビ番組「グッド・デー・ニューヨーク」に出演し、嗜好品としての大麻使用合法化を支持していると話した。

同氏は、大麻合法化は財政難にある同州に歳入をもたらすとし、同州議会が合法化法案を可決した際は、知事就任後100日以内に法案に署名すると言明した。4人の子どもの父として、この結論に達するのは容易でなかったというが、「大麻は既に普及しており、州はこれを受け入れつつ適正に規制するべきである」と話した。また大麻の合法化は社会的公正にプラスの効果を与えると主張している。

同州上院議会には、少量であれば大麻を個人的に所持し使用することを認める法案が提出されている。同法案では各地方自治体で大麻の販売を許可するかどうかを決め、許可しない地方自治体は、大麻販売による推定約3億ドル(約340億円)の年間税収の配分を受ける資格がなくなる。

一方、合法化に反対する声もある。依存症専門家のハリス・ストラタイナー医師は、大麻の使用は、より効果の強い麻薬常用のきっかけになると批判している。

全米の8州およびワシントンDCでは、嗜好品としての使用が合法化されている。

関連記事

  1. スイスの合法マリフアナ、たばこ同様の課税・警告表示で売り上げ増

  2. 米大麻がもたらしたマンチーな経済効果

  3. 大麻ファッションは、次のメインストリームに成り得るか?

  4. 医療用大麻をペットに、法的にはグレーゾーンも 米国

  5. 米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」Newsweek日本版

  6. 米 2017年の大麻市場の売り上げが1兆円以上に達する

  7. 医療用大麻不足のドイツ 来年解禁のカナダに依存

  8. 国境を越えろ!「大麻を放り込む巨大なパチンコ装置」

  9. ペルー 医療用大麻を解禁へ

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ