カナダ トルドー首相 嗜好大麻合法化に向けて♪

〜麻なびよりコメント〜
2018年の嗜好大麻合法化に向けてカナダが物品税の導入を検討している。
財政負担がかかっても経済効果は大きいし、患者でなくとも大麻は心身共に
健康面を大きくサポートする植物だ。

嗜好に関しては「税もかけず誰でも育てられればベスト」
一方、医療で質のいい大麻を患者に提供できる環境を構築するには
国が関わることも大事なのかもしれない。

配信元:REUTERS
https://jp.reuters.com/article/canada-cannabis-idJPKCN1C90DC

カナダ首相、大麻合法化に向け連邦税の導入提案 州政府は慎重

[オタワ 3日 ロイター] – カナダのトルドー首相は3日、大麻使用の合法化を実現させるため、連邦物品税の導入を提案した。一方、合法化のプロセスに関与する州からは慎重な意見が出ている。

トルドー政権は、嗜好品としての大麻使用を2018年半ばまでに合法化する計画。大麻の販売に関する責任は10州に任せる考えだが、流通網の確立や取締り強化で財政負担が増えるとの懸念が州政府側からは出ている。

首相は、物品税の税収を各州に平等に分配する考えだと説明し、今後詳細を協議する必要があると明らかにした。また、州政府側との会談後に記者会見で、コスト負担に対する懸念が多く出たと述べた。

首相は、嗜好品としての大麻使用を合法化することで、未成年の大麻使用を防ぎ、薬物関連の犯罪を減らすことができると考えている。

関連記事

  1. 世界では産業大麻が規制され、嗜好大麻が解禁されているわけ?

  2. 米 2017年の大麻市場の売り上げが1兆円以上に達する

  3. 理解ある若者と勉強しない日本のメディア

  4. CBDオイル購入の際に選ぶべき正しい基準

  5. 大麻で逮捕された者の現実:取締まる人、判決を下す人への手紙

  6. 新天皇即位 継承の儀に大麻と絹

  7. 麻糸博覧会

  8. てんかん発作約4割削減、大麻由来成分で研究

  9. 神事用大麻栽培の免許交付 三重、神社関係者ら申請

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ