北海道「大麻研究者」を不起訴に 札幌地検

〜麻なびよりコメント〜
問題は免許の更新をしていないところなのだろう。
しかしお上の産業用大麻業界への締め付けも目に余る。
免許の更新をしぶったり、伊勢では交付が許可されていない。
畑の写真をアップすることさえ強い指導が入るという。
産業、医療、嗜好と全ての分野を一つに考え団結するときがきた。

配信元:NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170908/k10011132431000.html

大麻の所持や栽培などが許可される「大麻研究者」の免許が失効したあとも大麻を放置していたなどとして大麻取締法違反の疑いで先月、書類送検された北海道の農園の経営者について札幌地方検察庁は8日、不起訴にしました。

北海道東川町で農園を経営する会社の男性役員は、研究目的での大麻の所持や栽培などが許可される「大麻研究者」の免許が失効していたにもかかわらず、およそ33キロの大麻を放置していたうえ、所持していないとする報告書を北海道庁に提出していたとして先月、大麻取締法違反の疑いで書類送検されました。

札幌地方検察庁が捜査を進めた結果、8日、役員を不起訴にしました。検察は理由を明らかにしていませんが、自分で吸う目的ではなかったなどとして起訴猶予にしたと見られます。

関連記事

  1. 国連で「大麻規制」見直しへ、米FDAもパブリックコメント募集

  2. 〜asano megumi〜Summer Solstice 2018〜

  3. 世界の合法大麻市場、2021年には3.5兆円規模に成長の見通し

  4. ラッパーUZIの大麻所持報道から見える論点のズレ

  5. 神事用大麻栽培の免許交付 三重、神社関係者ら申請

  6. 大麻取締法の検挙者数データ 保護法益のない法律

  7. 長野県の集落内で大麻所持 3月28日に判決

  8. 大麻で逮捕された者の現実:大畑龍馬氏の主張

  9. 父は旅立つ2年前に私に言った「大麻はわしに効くのか?」

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ