麻あって日本あり~人生に欠かせなかった麻文化

八百万の神が息づく森や海に様々な形で関わりながら、それらを守り続けている人々を葛城奈海が紹介し、自然との共生や伝統文化を含めた国の守りについて考えていきます。
今回は、野州麻(やしゅうあさ)を代々、栽培なさっている農家の大森由久氏を栃木県鹿沼市に訪ね、私達の生活に馴染んでいるようでいて今やほとんど知られないままとなってしまっている、日本人にとっての麻の存在について、我が国の文化や信仰、そして人生の節目に欠かせない存在だった麻に込められてきた先人達の思いや、戦後の麻産業が直面した事態、麻の魅力と可能性を今後につなげようとしている人々の抱負などと共に、お伝えします。

案内人:葛城奈海・色希
テーマ:麻あって日本あり~人生に欠かせなかった麻文化
ゲスト:大森由久(野州麻栽培農家 七代目)ほか ※ VTR出演

関連記事

  1. The Scientist(日本語字幕付き)

  2. 【AbemaPrime】大麻“合法化”の現在

  3. ユダヤ教指導者と聖職者と無神論者が一緒に大麻を吸ってみた

  4. 森山繁成「大麻を通して見る国家と民主主義」(大麻草検証委員会代表)「日本の選択」~日本の再建を考える…

  5. 【動画と感想】BAZOOKA!!! 大麻推奨派VS反対派 徹底討論

  6. 大麻比古神社「神麻注連縄奉納」

  7. 大麻はてんかん発作を抑制します

  8. シャーロットのおくりもの=衝撃のてんかん治療法=

  9. 大地の霊草「大麻」~日本古来の“大いなる麻”

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ