米ラスベガスで大麻解禁 「大麻フレンドリー」なホテルも登場

〜麻なびよりコメント〜
米ネバダ州で嗜好大麻が解禁された。そう、カジノリゾート ラスベガスで嗜める。
すごいな〜と思ったのは、ファンドを立ち上げて投資家が”本気”で投資していることw
大麻にフレンドリーなホテルとカジノかぁ。。
日本にもある!大麻で温泉。大麻で旅館。大麻で沖縄、大麻でラーメン、、寿司、、大麻で、、、、
アメリカに行きたいかぁ〜〜。

配信元:Forbes Japan
https://forbesjapan.com/articles/detail/16868

2017/07/07 08:30
7月1日の午前0時過ぎ、米ネバダ州ラスベガスの嗜好用大麻販売店「Shango Premium」がオープンした。この店で最初に大麻を購入したのはネバダ州上院議員のTick Segerblomだった。彼は自分の苗字と同じ名を持つ大麻の品種、Segerblom Hazeを巻いたジョイントを手にした。

カジノリゾートとして知られるラスベガスでの嗜好用大麻の解禁は、地元経済に多大な貢献をもたらすと見られ、この分野で新たなビジネスを立ち上げる起業家も多い。数年前に大麻を解禁したコロラド州では2015年に、1万8000名の大麻関連の雇用が生まれた。ワシントン州シアトルの企業、Pacific Century Holdingsは5000万ドルのファンドを設立し、当局の定める規定に合致する大麻栽培工場用の土地を購入しようとしている。

ネバダ州でもこの分野での競争が高まることは容易に想像がつく。現地でコンサルティング事業を行うSocial Media UnicornのCEO、Krista Whitleyは「ラスベガスで開催されるカンファレンスとの相乗効果で巨大な需要が見込める」と語る。現地では既に“大麻フレンドリー”な宿泊施設をリストアップしたサイトも登場している。

米国では各州で嗜好用大麻の解禁が進むなか、当局の対応が解禁日の前日になってようやく決まるような混乱も起こり、起業家らにとってはそれが悩みの種だ。

しかし、当局の動きがどのようになろうとも、起業家らに求められるのはビジネスを成功に導く基本原則を守ることだ。「大事なのは顧客のニーズをしっかり理解し、親しみやすいブランドを構築することだ」とラスベガスで生花店事業等を行うRemedyのゼネラルマネージャーのBraly Joyは述べた。

「顧客らと大麻関連製品を正しいやり方でつなげていくこと。そこに力を注げば注ぐほど、ブランドに対する信頼が生まれ、大きな成果を生み出すことになる」とJoyは話した。

編集=フォーブス ジャパン編集部

関連記事

  1. 理解ある若者と勉強しない日本のメディア

  2. 「秋の大交流パーティー in HEMP CAFE TOKYO 〜第2回Hempヴィーガン飯交流会〜」…

  3. 犯罪的麻薬流通が深刻なメキシコで、大麻の医療目的使用がついに合法化

  4. 高樹沙耶さん4月27日に判決

  5. 米山火事 大麻産業にも打撃…全米消費の6割生産

  6. カナダ、来年半ばまでに嗜好品の大麻合法化へ 近く与党が法案

  7. 大麻使用量増加で減らせるケミカル処方薬

  8. 長野県の集落内で大麻所持 3月28日に判決

  9. 人気高まるヘンプオイルからTHC検出、厚労省「大麻取締法該当のおそれ」

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ