米ラスベガスで大麻解禁 「大麻フレンドリー」なホテルも登場

〜麻なびよりコメント〜
米ネバダ州で嗜好大麻が解禁された。そう、カジノリゾート ラスベガスで嗜める。
すごいな〜と思ったのは、ファンドを立ち上げて投資家が”本気”で投資していることw
大麻にフレンドリーなホテルとカジノかぁ。。
日本にもある!大麻で温泉。大麻で旅館。大麻で沖縄、大麻でラーメン、、寿司、、大麻で、、、、
アメリカに行きたいかぁ〜〜。

配信元:Forbes Japan
https://forbesjapan.com/articles/detail/16868

2017/07/07 08:30
7月1日の午前0時過ぎ、米ネバダ州ラスベガスの嗜好用大麻販売店「Shango Premium」がオープンした。この店で最初に大麻を購入したのはネバダ州上院議員のTick Segerblomだった。彼は自分の苗字と同じ名を持つ大麻の品種、Segerblom Hazeを巻いたジョイントを手にした。

カジノリゾートとして知られるラスベガスでの嗜好用大麻の解禁は、地元経済に多大な貢献をもたらすと見られ、この分野で新たなビジネスを立ち上げる起業家も多い。数年前に大麻を解禁したコロラド州では2015年に、1万8000名の大麻関連の雇用が生まれた。ワシントン州シアトルの企業、Pacific Century Holdingsは5000万ドルのファンドを設立し、当局の定める規定に合致する大麻栽培工場用の土地を購入しようとしている。

ネバダ州でもこの分野での競争が高まることは容易に想像がつく。現地でコンサルティング事業を行うSocial Media UnicornのCEO、Krista Whitleyは「ラスベガスで開催されるカンファレンスとの相乗効果で巨大な需要が見込める」と語る。現地では既に“大麻フレンドリー”な宿泊施設をリストアップしたサイトも登場している。

米国では各州で嗜好用大麻の解禁が進むなか、当局の対応が解禁日の前日になってようやく決まるような混乱も起こり、起業家らにとってはそれが悩みの種だ。

しかし、当局の動きがどのようになろうとも、起業家らに求められるのはビジネスを成功に導く基本原則を守ることだ。「大事なのは顧客のニーズをしっかり理解し、親しみやすいブランドを構築することだ」とラスベガスで生花店事業等を行うRemedyのゼネラルマネージャーのBraly Joyは述べた。

「顧客らと大麻関連製品を正しいやり方でつなげていくこと。そこに力を注げば注ぐほど、ブランドに対する信頼が生まれ、大きな成果を生み出すことになる」とJoyは話した。

編集=フォーブス ジャパン編集部

関連記事

  1. 銀行から横槍 南米ウルグアイ大麻販売

  2. Google, Apple エリート社員が参入 人生で一度の転機

  3. アジア初!? インドで大麻合法の法案提出

  4. 大麻ETFの資産急増、過剰投資に懸念も

  5. 世界の合法大麻市場、2021年には3.5兆円規模に成長の見通し

  6. 医療用大麻不足のドイツ 来年解禁のカナダに依存

  7. 医療大麻看護師 リサ・ブキャナンに訊く GREEN ZONE JAPAN

  8. ペルー 医療用大麻を解禁へ

  9. 医療用大麻の試験結果で重度のてんかん児童に希望

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ