伊勢神宮で大麻の元となる木を切り始める祭典

〜麻なびよりコメント〜
神道と大麻は密接。神道=大麻とも言えるかもしれない。
大幣、御幣、注連縄、鈴縄、聖域を囲む結界の為の麻紐とか。
今回のご神体も和紙で包むが、この和紙の原料は昔は大麻でした。
三重県の神社界、皇學館大学が三重県に大麻栽培の申請をしたのも
記憶に新しい。
結局三重県はTHC成分のない種からの大麻栽培でも、警備(何の?)や
その他の設備が不十分として申請を却下している。
早く、すべての神社のあるべきところに大麻があるお姿を拝みたいものです。
そして現在もこうして伝統をつないでくれている神職の皆様に感謝〜〜

引用元:伊勢志摩経済新聞
https://iseshima.keizai.biz/headline/2783/

伊勢神宮のお神札(ふだ)「大麻(たいま・おおぬさ)」のご神体となるスギ材を神宮林から切り出す「大麻用材伐始祭(たいまようざいきりはじめさい)」が4月13日、伊勢神宮の森の中にある丸山祭場(伊勢市宇治今在家町)で行われた。

神饌を奉納し、作業の安全を祈願する祝詞(のりと)を奏上した後、素襖烏帽子(すおうえぼし)姿の小工(こだくみ)が神路山に向かってオノを3回振り下ろした。鷹司尚武大宮司や亀田幸弘少宮司を始め神職・職員ら約70人が参列し、祭典を静かに見守った。

大麻は、「御真(ぎょしん)」と呼ぶご神体を和紙で包み中心に納めたもので、神棚などに祭る伊勢神宮の神札のこと。切り出したスギは、神宮司庁頒布部第二奉製所に運ばれ製材し半年間、風雨にさらしヤニを取り、乾燥させ、厚さ約1ミリの木地に加工し丁寧に和紙で巻いた御真になる。

御真は第一奉製所に移され、約900万体の大麻に納められる。大麻修祓式でお祓いをした後、9月の「大麻暦頒布始祭」から神社本庁を通じて全国各地の氏神を祭る神社に頒布され、年末までに各家庭に届けられる。

大麻は、大きく分けて、伊勢神宮で直接授与する「授与大麻」と全国の神社に頒布される「頒布大麻」の2種類あり、内宮(ないくう)と外宮(げくう)に「天照皇大神宮」「豊受大神宮」と書かれた「角祓(かくはらい)」「大角祓い」「剣祓(けんはらい)」の3種類6体と海上安全・大漁満足を祈願する「海幸大麻」が1体づつある。14の別宮にもそれぞれの宮名の「剣祓」1体づつがあり、神宮の神楽殿や社務所などで受けることができる。

関連記事

  1. 大麻を規制する米政府の動きが、新たなビジネスチャンスを生みだした

  2. 長野県の集落内で大麻所持 3月28日に判決

  3. 大麻ETFの資産急増、過剰投資に懸念も

  4. 大麻ファッションは、次のメインストリームに成り得るか?

  5. 国境を越えろ!「大麻を放り込む巨大なパチンコ装置」

  6. 医療大麻裁判レポート 最終回

  7. 医療用大麻の試験結果で重度のてんかん児童に希望

  8. 犯罪的麻薬流通が深刻なメキシコで、大麻の医療目的使用がついに合法化

  9. 米保険局調査で判明 大麻解禁は「若者の乱用」を起こさない

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ