高樹沙耶さん4月27日に判決

〜麻なびよりコメント〜
さて、長く時間をかけた高樹さんの判決が4月27日に言い渡される。
検察の主張する「共同所持」という主張に対して司法がどう判断をするのか。
あくまでも現行の法律では大麻の使用については罪にならない。
無罪を主張する高樹さんに対してもし有罪の判決が下されるならば
どのような理由で「共同所持」を立証するのか。そこに焦点が集まる。
・・・無罪でしょ。

comment: Tokyo Pink

NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170316/k10010913891000.html

高樹沙耶被告に懲役1年求刑 大麻所持の罪
3月16日 20時53分
沖縄県の自宅で大麻を所持していた罪に問われている元女優の高樹沙耶被告の裁判が開かれ、検察は懲役1年を求刑しました。一方、高樹被告の弁護士は「大麻は被告のものではない」として改めて無罪を主張しました。
元女優の高樹沙耶、本名、益戸育江被告(53)は、沖縄県の石垣島の自宅で大麻を含む植物片およそ55グラムを所持していたとして、大麻取締法違反の罪に問われています。

那覇地方裁判所で開かれた16日の裁判で、検察は「大麻は同居人と共同生活を送る母屋で保管されていて、被告は大麻の存在を認識し管理しうる状態にあった。大麻を所持していたのは明らかだ」などとして懲役1年を求刑しました。

一方、高樹被告の弁護士は「大麻は同居していた男性のもので、被告のものではない。大麻の一部については存在を認識しておらず、残りは管理する権利がなかった」として改めて無罪を主張しました。

最後に、高樹被告は「関係者の方々に申し訳ないことをしたと思っていて、今後は信頼される社会生活を送っていきたい。現行法においては悪いことをしたが、世界では大麻が命を救っており、皆様には検討していただきたい」と述べました。

判決は来月27日に言い渡されます。

Tokyo Pink

Tokyo Pink

Tokyo Pink レベル34の革命家/麻なび代表
東京都出身の江戸前ラッパー。大麻大学卒業。
18歳でマザーテレサとの出会い、その後世界30ヶ国を巡りさまざまな文化、習慣にふれる。好きなブランドはブルーベリー。
現在は都内各地で大麻の真実を伝えるゲリラ活動中。
イベントの司会や講演を主催しラッパーとしてライブにも参加している。作詞家としては企業の社歌を制作する。
大麻を愛し、そして大麻に愛された男は日本のバビロンで愛を叫ぶのであ~る。

関連記事

  1. 新天皇即位 継承の儀に大麻と絹

  2. 世界アンチ・ドーピング機構 CBDを薬物検査のリストから除外

  3. 福島の大麻が“すごい”らしい…かつての帰宅困難地域の一部が無法地帯に

  4. 京都新聞が紹介する「日本麻振興会」しめ縄奉納

  5. 北海道「大麻研究者」を不起訴に 札幌地検

  6. 野生大麻の所持後絶たず 北海道の広大な群生地、駆除限界

  7. 理解ある若者と勉強しない日本のメディア

  8. 医療大麻裁判レポート 最終回

  9. 伊勢麻振興協 大麻栽培許可を再申 三重県、来月上旬にも判断

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ