長野県の集落内で大麻所持 3月28日に判決

〜麻なびよりコメント〜
長野県の大麻村と呼ばれた集団での、大麻所持で起訴された男性被告(46)の判決が3月28日に言い渡される。
今回のこの事例は現行法で禁止されている大麻所持に加え、LDSも見つかったという。
この出来事でとても印象的なことがある。周辺の住民の評判がすこぶる良かったこと。
他の被告人と同じく、何かしらの有罪判決は免れないと思う。
この出来事で家族がバラバラになる事なくもう一度立ち直って頑張ってほしい。

カナロコ by 神奈川新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00016489-kana-l14

長野県の集落内で大麻を隠し持っていたとして住民が一斉摘発された事件で、大麻取締法違反などの罪に問われた男性被告(46)=同県大町市=の論告求刑公判が16日、横浜地裁(前田亮利裁判官)で開かれ、検察側は懲役4年を求刑し結審した。判決は28日。

検察側は論告で、「被告の大麻への親和性、常習性は顕著で、所持量は1・7キロと極めて多く悪質」と指弾。「仕事仲間と分け合うなど社会に拡散させた責任も重い」と述べた。

弁護側は「妻も巻き添えにして一緒に逮捕され、大変なことをしてしまったと反省を深めている」とし、執行猶予判決を求めた。

起訴状によると、被告は昨年11月23日、自宅で大麻や大麻を含有する植物片、合成麻薬の一種のリゼルギン酸ジエチルアミド(LSD)が付着する紙片1枚を所持。長野市内のかつての住居でも、栽培した大麻約1・7キロを所持した、とされる。

関連記事

  1. 人気高まるヘンプオイルからTHC検出、厚労省「大麻取締法該当のおそれ」

  2. 大麻を規制する米政府の動きが、新たなビジネスチャンスを生みだした

  3. 大麻栽培は「エコでオーガニック」志向へ、米国 〜急成長する大麻市場、肉や野菜と同様の商品性求めて〜

  4. タイでは3年後に産業用大麻(ヘンプ)栽培が一般市民にも開放される予定

  5. 日本の中小企業と大麻の可能性 農業ITの主役は大麻!?

  6. 銀行から横槍 南米ウルグアイ大麻販売

  7. 大麻ファッションは、次のメインストリームに成り得るか?

  8. スイスの合法マリフアナ、たばこ同様の課税・警告表示で売り上げ増

  9. 北海道「大麻研究者」を不起訴に 札幌地検

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ