イスラエル、大麻個人使用の処罰を一部緩和

【3月6日 AFP】イスラエル政府は5日、公共の場で個人が大麻(マリフアナ)を使用した場合の罰則について、使用回数が3回以下なら刑事訴追はせず罰金や治療などを科す法案を承認した。政府関係者が明らかにした。

この法案では、公共の場での大麻の所持・使用が見つかった場合、初犯は罰金1000シェケル(約3万円)、2回目は2倍の罰金を科す。3回目は保護観察処分とし、4回目で初めて警察が刑事訴追手続きを行う。

法案は大麻使用問題を調査する目的で政府が昨年7月に設置した委員会の提案を元に策定された。適用対象は個人使用のみで、大麻の栽培や売買は引き続き禁止される。

ギラド・エルダン(Gilad Erdan)警察相は、法案の承認について「刑事法の執行よりも教育や治療を重視する新政策を実行する重要な一歩だ」と述べた。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3120245

〜麻なび事務局より〜
イスラエルは既に医療大麻は解禁されている。今回のニュースは個人使用に関して刑事罰から、罰金という制度に変更という形である。
この流れは非常に前向きな証拠。医療大麻を使っての効果も実感しているのだろう。
個人に関して、罰金や治療を促す形とあるが、個人の使用のどこがいけないのか?それを知りたかった。
これは個人の嗜好利用に向けての第一歩と捉えたい。

comment: Tokyo Pink

Tokyo Pink

Tokyo Pink

Tokyo Pink レベル34の革命家/麻なび代表
東京都出身の江戸前ラッパー。
大麻大学卒業。とにかく二階堂ふみが好き。
18歳でマザーテレサとの出会い、その後世界30ヶ国を巡りさまざまな文化、習慣にふれる。好きなブランドはブルーベリー。
現在は都内各地で大麻の真実を伝えるゲリラ活動中。
イベントの司会や講演を主催しラッパーとしてライブにも参加している。作詞家としては企業の社歌を制作する。
大麻を愛し、そして大麻に愛された男は日本のバビロンで愛を叫ぶのであ~る。

関連記事

  1. 北海道「大麻研究者」を不起訴に 札幌地検

  2. 医薬品と民間薬の違い?子供の癌を語る親とアメリカ医師の主張

  3. 犯罪的麻薬流通が深刻なメキシコで、大麻の医療目的使用がついに合法化

  4. 医療用大麻をペットに、法的にはグレーゾーンも 米国

  5. 米大麻がもたらしたマンチーな経済効果

  6. 高樹沙耶さんに応援のエールを!高樹沙耶被告に有罪判決「ふざけた気持ちで大麻草に向き合っていない」と涙…

  7. 大麻ファッションは、次のメインストリームに成り得るか?

  8. てんかん発作約4割削減、大麻由来成分で研究

  9. 日本の中小企業と大麻の可能性 農業ITの主役は大麻!?

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ