麻なび特集!「わとわまつり」で遊んだよ の巻

わとわまつりで遊んだよ の巻

東京です9月11日(日)に麻なびメンバーで「わとわまつり」に参加してきました。

14224825_1157340357667356_7013718351653462943_n

場所は長野県との県境に位置する、八ヶ岳を臨む山梨県の小淵沢。

前日の夜に新橋でメンバーと合流。

運転を栃木の麻畑帰りの母武麻リヲ(ボブマリオ)に任せていざ出発!

しかし、久しぶりに週末の新橋。凄いね!酔っ払いが!!

到着した時は、交番の前で座ってるお兄さんが頭だけ揺れて、後にリバース!!

SL前ではサークル系の団体が寝っ転がったり、拍手してたり。

カメラ持った取材に答えるサラリーマンと、お馴染みの光景。

東京の週末は眠らないね。みんな一週間頑張った後にお酒で発散して楽しんでいる。

あ〜、ここにジョイントがあればな〜。みんなで一服して楽しめたらな〜とか。

東京はよく考えるのであります。
ビールとつまみを買ってそんなネオンの街を、バビロンを脱出!

14225588_1090913494324173_1777258616567253829_n

帰ってきた今だから言えるけど、やっぱ自然との触れ合い大事だわ〜。

そんなこんなのイベントレポートです。

車中では今後の麻なびをどうしたいとか〜。

そんな話をしながら母武麻リヲが通っている麻畑の援農の話とか。

今回は麻引きだったみたい。あそこの畑は日本の麻産業の歴史が詰まっている。

一番興味を引いたのは、麻引きの作業の最後を担当するお母さんの話。

もうこの道の生き証人、そんな存在がいる。

そのお母さんの技とか、振る舞いとか、本当に貴重なのだと思う。

栃木にもレジェンドはいる。法律と戦う場所とは違う、文化を繋げてきたレジェンド。

そんな話で盛り上がっていると、窓の外に木々が見えてくる。

例えばこんなやつ、、、

unknown

こんなのが見えてくると、

「あ〜あれがバッヅだったらなー。凄い量だなぁ〜。一年は余裕で持つな〜。」

とか

「あっ、あの一本は俺の!」

なんて、まるで子供がこの白線からはみ出たら死ぬ!みたいな、ありもしないルールを決める様に、
あのバッヅは俺の!的な。

ガンジャ好きなら一度は考えた事があるはず!でしょ?

 

さてさて、今回出店で参加した「わとわまつり」は第6回を迎えるイベント。

10時〜17時まで、雨天決行のお祭り。

出店数は100店舗もあり、アーティストライブ、音、アパレル、食べる、リラックス、
アクセサリーと色々な作品を楽しめたり、体を休めたり、胃袋を喜ばせたり。

みんなが得意な事を持ち寄ってシェアする。素敵な時間と空間でした。

夜中に到着して空を見上げたら、星が、んパネーーーキラキラキラキラ。

14292301_1094456317303224_8984442410888375589_n

都会っ子の東京ピンクには本当にひっさしぶりの光景じゃん。

星に願うと叶うって未だに思っているからね。目をおっ広げて探すよね。

流れ星☆彡

この星空が毎日の人にとっては、そう考える事って少ないのかな?

兎に角、空に無数の星、心に虫の鳴き声、身体にはきれいな空気。

都会では見つけにくいものばかりだ。テンションが上がったまましばし就寝。

朝から出店の準備をしました。

麻なびブースは、麻炭を混ぜたペーストで模様を描く「麻炭ヘナアート」

14322606_1094456573969865_3541284714461050733_n14358740_1094456583969864_8107151568088277392_n

 

14291805_1161966197204772_5850245454550638974_n

一緒にリラクゼーションブースも幾つかあって。そのうちの一つはオプションで精麻を使ったスペシャルバージョン。

麻なびブースは麻三昧!
僕は招き猫的な役割で座っていました〜ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ。

小淵沢の空間はすごく気持ちがいい。そして、集まっている人もすごく気持ちがいい。

14344209_1094456430636546_2165394065032766145_n

老若男女が各々楽しんでいる。

出店者の多くは、なんというか、、

ナチュラリ〜 ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

多くの人が天然素材の服を着て、ターバンしてるお姉さん、インディアンみたいなお兄さん、仙人みたいなアーティストがいる。

それだけで何だか違う世界に来たみたいだ。

ここは縄文?それとも未来?

都会でよく見る状態とは明らかに違う。でも皆な日本人。

食べ物も沢山ある。スープ、お好み焼き、お菓子、カレー。

オーガニックって文字が目立つ。

そして、芝生、子供、走る、音、自然。

14368718_1094456750636514_3191422969149600639_n

山梨最高〜。小淵沢最高〜。って感覚にそりゃなるわな!

大麻を使った作品やフードを出店する皆さんにもご挨拶ができた。

「麻美カフェ」

20140422-mamicafe001-300x225

山梨のおいしい野菜と果物 麻の雑貨カフェ

ご夫婦の人柄も素晴らしく、麻に対する思いを共有できたと思います。

ありがとうございました!

天下泰平を運営する、滝沢泰平さんにも会えた。

bca61942

http://tenkataihei.xxxblog.jp

熟女がキャーキャー囲んでた!もはやこの世界ではSMAPを超えてるな。

ひと昔、アムステルダムのコーヒーショップで働いていた

お姉さんとお話もできた!

unknown

麻なびがどんな感じのサイトかお話をしていて「うちのサイトは大麻の全てを認めてます!」

なんて話をしてたら

「私、アムスのコーヒーショップで働いてたよ〜。」

「だからジョイント巻くの半端なく速いよ!」

なーんて会話もあったりでw。

この場所には色々な人がいて、皆んな氣さくに挨拶を交わして

お互いを認め合うような空気が流れているんだよ。

だから建前とか、壁とか、はじめからない感じ。

バビロンに漂う「こいつからどう搾取しようか。」みたいな探り合いが

全くないんだよね。

こういう感覚って、やっぱり自然に囲まれた土地に漂いやすい。

コンクリートジャングルでその場所を得るのはなかなか難しい。

うむ。ナチュラリーな人々よ。なかなかやるな!!

なんて一人で感心していたよ。(´<_`

それよか、お酒の販売が全然なかったな。それとタバコ吸ってる人が俺くらいな感じでさ。

うむ。ナチュラリーな人々よ。徹底しているな!!

なんて一人で頷いていたよ。(´<_`

そんな中で、一軒だけ「工房STANGL」がドイツビールを販売してたんだ。

14316803_1094456697303186_4646160591097262834_n

来日13年になるオーストリア人のご主人と、明るい奥様のお店。

ボリビアで二人が出会った話とか、世界の話とか気さくにお話ししてくれて。

オーストリアの蒸留酒も飲んだな。現地でも中々お目にかかれないお酒らしくてさ。

「日本ではおそらくここだけだ!」

14369993_1094456650636524_761835307645177850_n

なんて言われたら、お酒もたしなむ俺としては財布に手が伸びるわけ。

加トちゃんみたいな酔っ払いにならないように気をつけながら思ったのは、

こうした場所で知る情報って、なんだか温もりがあるってこと。

スーツ着て建前と探り合いで話す情報とか、お互いの会社の利益になるように進める会話は味気がないよね。

その世界で生きていくには重要なんだけどね。

それ以外の会話を他人とできる状態って「豊かだな!」って感じた。

その日に知り合った人、久しぶりに再会した人、そういう人とこうした会話ができる場所が「わとわまつり」なのでした。

14329884_1094456357303220_3873790243975160661_n

今回出店している中で、特に気に入ったのがここ!

「ちきゅう雑貨poi」

20140331001658ee9s

poi(ぽい)って読むんだけど。。

タイから買い付けたものや、生地から自分で作り上げたもので溢れてる。

リネンとコットンのパンツを購入したのだ!

14322467_1095144860567703_2000772502019443786_n

こうした素晴らしい素材を、心を込めてハンドメイドしている作品に

最近は首ったけです。

麻なびでは、これからも「わとわまつり」みたいな楽しいイベントに参加して、レポートしてまいります!

今回のイベントで何が面白かったって、それは人と人の触れ合い!

ヘナアートを描いている間の、地元の人とのおしゃべりとか。

14333656_1161966333871425_4624657918532059523_n

14211971_1158905307510861_2484757129388399982_n

14232970_1158905277510864_1615808799820029089_n

14233093_1158905267510865_6692764974360138076_n

フェイスブックで繋がっているEdarock君と思いがけず再会できたり。

医療大麻裁判で一緒に支援して時間を共有した、山梨県大麻協会の輿石さんともまた会えた。

そして、遊びに来ていたハジメマシテの子供たち。

みんなが笑顔を向けて「こんにちは」って挨拶してくれるのが、本当に癒されました。

みんながこっちを見て、ニコっとした後、芝生を転げ回る様が最高に素敵でした。

14370392_1094456470636542_3834483066003892754_n

いきなりトンボを見せてくれた女の子とか。

やっぱり都会では味わえない!
こういうのって、その場の空気というか、そこにいる人が作り上げた優しい場所が、全ての人に伝線し 成り立っているのだよね。

14292402_1747220438885226_5042493057300050589_n

また来年も遊びに来たいな〜。

次はあなたの土地に、麻なびがおじゃまするかも!!

その時はよろしくね。

記事:Tokyo Pink

Tokyo Pink

Tokyo Pink

Tokyo Pink レベル28の革命家/カンナビス人
東京都出身の江戸前ラッパー。
大麻大学卒業。とにかく二階堂ふみが好き。
18歳から各地でライブのゲリラ活動。
芸能活動や作詞家として企業の社歌を制作など。
世界30ヶ国の放浪。大麻取締法の改正に向けて日々日々GO。
日本のバビロンで愛を叫ぶのであ~る。

関連記事

  1. 「皆さまと繋がれた御礼」&「ティーパーティーのレポート」

  2. 地球学校 ーWorld Hemp Culture Support Tour 2016 ー   琉球の…

  3. 【レポート】🌟Marijuana March 2017 in TOKYOに参加してき…

おすすめ記事

PAGE TOP
Top
ツールバーへスキップ